« 海外のATMで現金を手に入れるときはジャパンネット銀行のVISAデビットカードが便利 | トップページ | 海外用の変換プラグと一体化するスマホ充電器が便利なのでご紹介したい。 »

オーストラリア旅行でのネット環境の確保について考える

来週、遅い夏休みを取ってオーストラリアに行ってきます。「もう夏じゃねえだろ!」と上司には言われましたが「南半球はいまが夏ですよ!」とかなんとか言ってごまかしました。

さて、私の海外旅行に欠かせないものといえばネット環境。スマートフォンが無ければ街を歩くこともままならない私にとって、モバイルでのネット環境を整えることは必須なのです。現地2泊&機内2泊の5日間・実質2泊3日の日程でどのようにネット環境を確保するか。検討しました。

(1) ドコモの海外カケホーダイを使う
(2) モバイルWi-Fiルータを借りて行く
最も手間が掛からないパターンですが、何もこれについて私が語ることもないでしょうから省略。今回はモバイルWi-Fiルータは借りない予定です。海外パケホーダイは何かアクシデントがあったら使うかもしれません。

(3) 現地でプリペイドSIMカードを購入する
SIMロックの掛かっていないスマートフォンを何台も持っている私にとっては定番。オーストラリアは比較的プリペイドSIMが手に入りやすい国のようです。携帯電話会社はTelstra・Optus・Vodafoneの3社。いろいろ調べて見たところ、Optusの10AUDのSIMを買って1日当たり2AUDの500MBまでデータ通信が使えるプラン「MY PREPAID DAILY PLUS」に入るのがよさそうです。問題はプリペイドSIM買うのが面倒くさいというところ。

【参考】
Telstra : https://www.telstra.com.au/mobile-phones/prepaid-mobiles/30-prepaid-multi-fit-sim-starter-kit
Optus : http://www.optus.com.au/shop/mobile/prepaid/plans?SID=con:premob:2ndNav:premob:othr:Prepaid:pos2#daily-plus
Vodafone : http://www.vodafone.com.au/personal/prepaid/prepaid-options

(4) Skyroam Hotspotを使う
先日買った飛び道具がこちら。70以上の国・地域で、24時間当たり10USDで3Gデータ通信が使えるモバイルWi-Fiルータです。

Img_20151107_092151

本体を買ったときに5日分の利用権が付いてきているので、現地で2泊3日であればその利用権の範囲内で使うことができます。現地ですぐに使えるのがメリットですが、通信方式が4G(LTE)でなく従来の3Gであるというのがやや難点。
【参考】http://www.skyroam.com/index.php

(5) 中国移動香港のプリペイドSIMでローミングする
先日行った香港で購入した中国移動香港の4GプリペイドSIM。

Img_20151121_122501

2枚買ってきましたがどちらでもオーストラリアでデータローミングができます。料金は1日当たり98HKD。3日滞在すると約5000円。ちと高いか。また、手元にあるSIMは初期状態のままチャージをしていないので、使うのならば事前にチャージしなければならないのが面倒。
【参考】 https://www.hk.chinamobile.com/en/prepaid_services/local_users/prepaid-services-4g3g-localtalk.html

(6) SingtelのプリペイドSIMでローミングする
年に一度はシンガポールに行くのでSingtelのプリペイドSIMも持っているのですが、こちらでも最近海外データローミングが可能となりました。
【参考】 http://info.singtel.com/personal/phones-plans/mobile/prepaid/data-bundles#addons_hi-data-roam

Faster_3g_connection_with_singtel_p


オーストラリアでの利用料金は100MB当たり5SGD。2泊3日ならば500MBもあれば充分でしょうから、25SGD・2300円くらい見ておけばいいでしょうか。私が持っているSIMが古いので3G通信になってしまうのがネックですが、これが一番安く済むかもしれません。私のSingtelのプリペイドSIMには残高がたっぷり残っているので改めてチャージする必要もありませんし。

ということで基本はSingtelのローミングを使って、調子が悪ければSkyroamに切り替え、3Gで回線速度が遅ければCMHKのプリペイドを使うかOptus行ってプリペイドSIM買うか、という作戦で臨もうかと考えております。

|

« 海外のATMで現金を手に入れるときはジャパンネット銀行のVISAデビットカードが便利 | トップページ | 海外用の変換プラグと一体化するスマホ充電器が便利なのでご紹介したい。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア旅行でのネット環境の確保について考える:

« 海外のATMで現金を手に入れるときはジャパンネット銀行のVISAデビットカードが便利 | トップページ | 海外用の変換プラグと一体化するスマホ充電器が便利なのでご紹介したい。 »