« リチウムイオン電池のモバイルバッテリーが機内持ち込み禁止になるということは無いんじゃないかなあ。 | トップページ | コロナ禍における旅行のあり方について考える »

「2016年4月からリチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーが飛行機の機内に持ち込めなくなる」というのはやはり間違いだと思う。

Liion

これまで通り飛行機で持っていけると思うんだ。

昨日書いたブログ記事を訂正します。申し訳ありません。

該当記事は以下のものです。

リチウムイオン電池のモバイルバッテリーが機内持ち込み禁止になるということは無いんじゃないかなあ。
http://onemiletoheaven2.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/post-bf86.html

この中で私は「ICAOの意図するところは『リチウムイオン電池を含む電子機器は受託手荷物として輸送することはできなくなりますが機内持ち込みは従来通り可能です。』ということなのではなかろうか」と意見を述べましたが、その解釈を訂正します。「モバイルバッテリーが機内持ち込みできなくなるわけではないだろう」という全体の論旨は変わりません。

答はIATAのサイトにありました。航空会社や旅行代理店などが加盟する業界団体であるIATA(International Air Transport Association 国際航空運送協会)は2016年2月23日付で以下のステートメントを発表しています。

Lithium Batteries as Cargo in 2016 Update III
http://www.iata.org/whatwedo/cargo/dgr/Documents/lithium-battery-update.pdf

本文によると、このステートメントの更新は前日2月22日にICAOが発表した「旅客機によりリチウムイオン電池を貨物として輸送することを避けた方がよい」という推奨を受けてのもの。今回の更新による変更点はドキュメント内でハイライトされています。1箇所引用しましょう。

UN 3480, PI 965, Section IA and IB are forbidden for carriage on passenger aircraft. All packages must bear the Cargo Aircraft Only label in addition to the other marks and labels required by the Regulations.

UN3480は単体のリチウムイオン電池のことですのでそれを踏まえて訳すと、
「単体のリチウムイオン電池は旅客機で輸送されることが拒否されます。全ての梱包には規定により求められるマークやラベルに加え"貨物機のみ"のラベルが貼られなければいけません。」
となるでしょうか。

つまり今回の変更は「単体のリチウムイオン電池は旅客機では運べなくなった」ということ。今回のICAOの発表は「単体のリチウムイオン電池は"貨物機でならば従来通り貨物として輸送できるけれど"旅客機では貨物として輸送しないように」という意味合いなのでは、というのが私の新しい解釈です。

なお、電子機器に組み込まれたリチウムイオン電池(UN3481)については

The prohibition does not apply to lithium ion batteries packed with equipment or lithium ion batteries contained in equipment, UN 3481, Packing Instruction 966 and Packing Instruction 967 respectively.

とのことなので今回の改正の対象外かと。

Liiondanger_2

この箱に"Cargo Aircraft Only"というラベルを貼れということですね。

なお、IATAではモバイルバッテリーの機内持ち込みについて Lithium Battery Guidance Document (2016年2月25日時点での最新版は http://www.iata.org/whatwedo/cargo/dgr/Documents/lithium-battery-guidance-document-2016-en.pdf )の中で

For carriage by passengers, power banks are considered as spare batteries and must be in carry-on baggage only and must be individually protected from short-circuit.

と規定しています。短絡防止措置を施したうえで機内持ち込みのみとする、というのは既に馴染みのあるルールですね。この文に変更が入ったときに初めて「モバイルバッテリーが機内持ち込みできなくなる」と言えるのでしょう。

ただまあ、昨日も書きましたけれど素人がうだうだ言っていてもしょうがない。何か変更があるのであれば国土交通省が告知するでしょうからそれを待ちましょう。

|

« リチウムイオン電池のモバイルバッテリーが機内持ち込み禁止になるということは無いんじゃないかなあ。 | トップページ | コロナ禍における旅行のあり方について考える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「2016年4月からリチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーが飛行機の機内に持ち込めなくなる」というのはやはり間違いだと思う。:

« リチウムイオン電池のモバイルバッテリーが機内持ち込み禁止になるということは無いんじゃないかなあ。 | トップページ | コロナ禍における旅行のあり方について考える »